別窓アイコン 矢印 矢印02

マンション管理ゼミナール『排水・通気設備』の基礎知識

マンション生活

排水設備の構造がわかれば、水回りのトラブルに強くなる

流れが悪い、逆流する、虫がわく、階下へ漏水する……、日常で起こりうるさまざまな排水トラブル。これらは、配管の腐食や破損などの物理的な要因、あるいは紙おむつなどをトイレに流してしまうなどの人的要因により発生します。

マンションでは、キッチンや浴室、トイレから出た排水が、どこに、どのようにして流されているかご存じですか?その構造を知っていれば、万が一の時の対処に役立つのはもちろん、普段どのようなことに気をつけて水回りを使えばよいかも分かってくると思います。

Q1排水はどのようにして流れるの?

大きく分類して「合流式」と「分流式」の2方式があります。
マンションの排水には、トイレからの「汚水(おすい)」、洗面所・洗濯機・浴室・キッチンからの「雑排水(ざっぱいすい)」、屋上やバルコニーからの「雨水(うすい)」があります。自然界から発生する雨水は、生活排水である汚水や雑排水とは別系統で排水します。汚水や雑排水はマンションにより異なりますが大別すると、汚水と雑排水を1つの排水立て管にまとめて排水する「合流式」と、別々の管で排水する「分流式」があります。さらに、詰まりやすいキッチンの雑排水だけを別系統にすることもあります。いずれの場合も、最終的には敷地排水管を経て、下水道に流します。公共下水道が未整備な地域では、敷地内の浄化槽を経由して排水路に放流します。

Q2排水トラップにはどんな役割があるの?

排水管からの悪臭や害虫の侵入を防いでいます。
排水トラップとは、排水管の途中にあり、水をためた封水により経路をふさぐことで、排水管からの悪臭や害虫の侵入を防ぐものです。排水の方向や流れなどにより、設置するトラップの形状は異なります。キッチンや浴室、洗濯機の排水口には「わんトラップ」や「ドラムトラップ」、洗面所には「Pトラップ」や「Sトラップ」などサイホン式トラップがよく使われます。Pトラップは壁方面に、Sトラップは床方面に排水する場合に採用されます。長期不在の際は、封水切れに注意しましょう。

Q3排水設備にはなぜ通気設備が必要なの?

排水をスムーズにするために欠かせません。
通気設備は、排水管内の空気を流通させることで水を円滑に流したり、排水管内外の気圧差を調整しトラップ内の封水を保ったりするものです。 マンションでは、主に「伸頂通気方式」およびその一種とされる「特殊継手システム」が主流です。伸頂通気方式は、排水立て管の頂部の管径をそのまま延長して管内の空気を大気中に解放します。特殊継手システムは、排水を円滑に行うために開発した特殊継手を取り付けることで、よりスムーズな排水を実現します。

Q4配管材料の種類は知っておくべき?

知っておけばトラブル防止に役立ちます。
排水管の材料は、時代とともに変遷しています。

排水配管材料の変遷

2010年以降も耐腐食性配管、樹脂配管などの使用が主流です。

排水管の材料は時代とともに変遷しています。高経年のマンションでは、排水管の腐食を起因とした漏水の可能性があるため、どんな素材が使われているか調べておくと修繕時期の目安にもなります。

1980年頃までに建てられたマンションは亜鉛メッキ鋼管を使っている場合があるため、注意が必要です。耐熱性には優れているものの、酸性の排水に弱く、腐食が起こりやすいという特徴があります。

白ガス管(亜鉛メッキ鋼管)の腐食事例

排水にまつわる常識・非常識

髪の毛は細いから洗面所に流しても大丈夫。

浴室や洗面所の排水管の詰まりは、主に髪の毛が原因。髪の毛に脂肪やせっけんカスが付着すると雑菌が繁殖し、悪臭の原因にもなります。浴室や洗面所の髪の毛はティッシュなどで拭き取り、ゴミ箱に捨てましょう。浴室洗場の排水トラップ部分も髪の毛がたまりやすいので定期的に清掃しましょう。

キッチンの排水管の詰まり原因ナンバー1は油だと聞いたのですが。

キッチンの排水管は、最も詰まりが起きやすい場所です。特に困るのが“油”。管内にこびり付いて蓄積すると、除去するのが大変です。油をそのまま流すのは論外として、食器やフライパンに付いた少量の油も、拭き取ってから洗う習慣を心掛けたいものです。

 トイレットペーパーが切れた時はティッシュペーパーを使っています。

トイレットペーパーは水を吸収するとバラバラにほぐれやすくなっています。一方、ティッシュペーパーは水にぬれても破れにくく出来ているため、排水パイプ内で詰まる可能性があります。 共用部の排水管内で詰まってしまうと、マンション全体に影響するような大問題に発展するケースもあります。トイレにトイレットペーパー以外は絶対流さないでください。

排水口が詰まったら市販の洗浄薬剤で解決できる。

家庭用の排水管洗浄薬剤は、排水管内のヌメリなどを除去するにはある程度有効ですが、詰まりを完全に取ることは不可能です。強力な薬剤も市販されていますが、取扱い説明に従い注意して使いましょう。

排水管清掃をしなくても流れているから大丈夫。

定期的な排水管清掃は必ず在宅し実施しましょう。排水はいきなり詰まる訳ではありません。 毎年の油汚れ、石鹸カスの堆積などにより徐々に閉塞していきます。また、汚れの堆積により臭気の発生や、排水音なども発生する恐れがあります。定期的な排水管清掃を行うことで、配管の延命にも繋がります。

「マンション生活」⼀覧へ戻る