別窓アイコン 矢印 矢印02

誰にも聞けなかったマナー講座 初対面でも打ち解けられる話し方

暮らし

初対面の人と会う時は誰でも緊張してしまうもの。でも、相手のことをよく知ろうという気持ちをもって接すれば、それが相手にも伝わりきっと誰とでも打ち解けられるはずです。今回は初対面でも打ち解けられる話し方のコツをご紹介します。

印象がアップする表情や姿勢とは?

Answerまず“笑顔”で!

相手に好印象を与えるには、会った瞬間の笑顔が重要です。相手に会えた嬉しさを笑顔で表現しましょう。実際に、「今日はあなたに会えてとても嬉しいです」と口に出して伝えるとなお良いでしょう。
反対に好感度を下げるのは、腕や足を組むというしぐさです。拒絶や防衛といった心理の表れであり、相手に心を開いていないというサインでもあります。無意識でやっていたとしても、相手には感じが悪いという印象を与えていると思いましょう。特に、男性は腕を組みながら話を聞く人が多いので要注意です。

印象アップにつながる会話の内容とは?

Answer相手の良いところを見付けましょう!

1つでもいいので、相手の良いところを見付けて口に出して褒めるようにしましょう。褒め言葉はコミュニケーションの潤滑油です。例えば「素敵なネクタイですね」と褒めたら、「実は妻からのプレゼントなんです」というように、会話が弾むきっかけにもなります。また、良いところを見付けようと意識すれば、自然と相手の良いところに目が向くようになり、心理的な距離もグッと近づくはずです。実際に口に出して褒めるのは照れ臭いというのであれば、まずは相手の良いところを見付けようとすることから始めてみてください。

会話に困ったときに使える話題とは?

Answer相手との共通点を探して!

地元が同じ、あるいは近くだったりして話が弾んだという経験はありませんか。出身地に限らず、趣味や好きな食べ物など共通の話題が見付かれば一気に話が盛り上がり、相手との距離が近づきます。共通の知り合いがいれば、その人の話題でも良いでしょう。相手との共通点を探してみましょう。

会話をつなげるコツは?

Answer自分から会話を終わらせない!

会話をつなげていくには、井垣先生が名付けた「AQの法則」が有効です。「AQの法則」とは、答え(Answer)と質問(Question)をセットで相手に投げかけるテクニックです。例えば、相手があなたに「ゴルフはしますか?」と質問したとします。「いいえ。しません」と答えればそこで会話は終了してしまいます。「いいえ。しません。●●さんはしますか?」と、質問をセットにすれば会話はその後も続きます。また、その話題が続きそうにないと思えば、「いいえ。しません。昔はよくしていたのですが腰を痛めてしまって。●●さん、腰は大丈夫ですか?」などと話題を変えて会話を展開することもできます。

「年齢は?」などと答えたくない質問をされたら?

Answerうまく切り返すのも手!

「いくつに見えますか?」「あなたはいくつですか?」などと質問で切り返してみてください。大抵の場合は、嫌がっていることを察して話題を変えてくれるでしょう。または、「AQの法則」を使って話題を逸らしていくのも手です。
なお、初対面の人に、学歴、収入、政治、宗教、結婚の有無について、女性なら年齢、体型、出産の有無などを話題にするのは基本的にタブーとされています。

NGワードの「4D」に要注意!

「でも」・「だって」・「だけど」・「どうせ」という、頭文字が「D」で始まる4つの言葉「4D」の後には、マイナスの言葉しか続きません。相手は会話する意欲がなくなることもあるでしょう。この「4D」から始まる話はマイナスイメージが強いので、避けましょう。

Adviser

井垣 利英さん

(株)シェリロゼ代表取締役、人材教育家、マナーコーチ。プラス思考、話し方、マナー、メイクなど自分磨き【ブラッシュアップ講座】、社員研修などを開催。著書は13万部突破の『しぐさのマナーとコツ』(学研)など多数。

http://www.c-roses.co.jp/

「暮らし」⼀覧へ戻る