別窓アイコン 矢印 矢印02

誰にも聞けなかったマナー講座 エレガントな立ち居振る舞い

暮らし

「優雅でステキな人」とまわりに好印象を与えるエレガントな立ち居振る舞いについて、井垣先生がレクチャー。日常のよくある7つのシーンをピックアップしています。ぜひ実践してみてください。ちょっとした気遣いで、あなたの品格がアップすること間違いなしです!

01座り方&立ち方

STEP01イスの10cmほど前に立ちます。
STEP02片脚を軽く後ろに引きます。
STEP03膝を曲げて、背筋をまっすぐ伸ばしたまま腰を下ろします。
STEP04引いていた脚を前に戻して足をそろえ、横から見て膝の角度が90度の位置より10cmほど前に置きます。
STEP05立つ時は、片脚を軽く後ろに引き、背筋をまっすぐ伸ばしたままそのままスッと立ち上がります。

これはNG!

お尻から下ろそうとすると老けた印象になります。気を付けましょう。

02コート(上着)の脱ぎ方

STEP01襟を持って、両肩同時にコートをストンと落とします。
STEP02左手で右の袖口を引っ張って右腕を抜き、その後、左腕を抜きます。
STEP03手の平を前に向けた状態でコートの両肩の内側に手を入れます。
STEP04そのままパタンと手の平を合わせてコートを半分に折ります。半分に折ったら、合わせた手の平を内側に巻き込むようにしてコートをクルリと裏返しにします。
STEP05裏地側を表にしてそのまま縦半分に折り曲げると、きれいな長方形に畳めます。

03車の乗車方法

STEP01シートに横から乗って腰を下ろします。
STEP02腰を軸にして回転させるように脚を前に運びます。この時、脚はそろえましょう。
STEP03背筋を伸ばし目線はまっすぐ前へ。手は重ねて腿の上に置きます。

04待ち合わせ

姿勢は、背筋を伸ばして脚をそろえます。つま先を少し斜めに開くとより美しく見えます。表情は、奥歯を噛んで口角をやや上げるスタンバイ・スマイルをキープしましょう。スタンバイ・スマイルは、「いつ話しかけてくれてもいいですよ!」というサインです。

これはNG!

仁王立ちしてスマートホンを操作している様子は、顔が暗くなり、まわりから見てあまり気分のいいものではありません。第一印象は10秒で決まると言います。ですから、相手が見えないからと気を抜かないこと。相手が先にあなたを見付けることもあるので、いつ見られてもいいようにしておきましょう。

05物を指し示す

近くの物を指し示す時は、腕は軽く曲げ、指をそろえて手の平を相手側に向けます。遠くの物を指し示す時は、腕を軽く伸ばして目線も遠くにしましょう。

これはNG!

人差し指など、1本の指で指すと品がなく見えます。気を付けましょう。

06物を拾う

STEP01両膝をそろえて拾う物の反対向きに曲げてしゃがみ込み、手はまっすぐ下ろします。
STEP02物を拾わない方の手でスカートを押さえながら、拾います。

これはNG!

まっすぐしゃがみ込むと、はしたない印象になります。

07雨の日の歩き方

雨の日はいつもより小股でゆっくりと、つま先から足を静かに下ろすようにして歩くと泥はねしにくくなります。

ここも気を付けて!

雨が上がって傘を持ち歩く時も気を使いましょう。傘の柄の根元を握って手を振って歩くと見苦しいばかりか、後ろを歩く人に怪我をさせてしまう危険性も。持ち手を握って地面に垂直な状態を保つように持ち歩きましょう。

Adviser

井垣 利英さん

(株)シェリロゼ代表取締役、人材教育家、マナーコーチ。プラス思考、話し方、マナー、メイクなど自分磨き【ブラッシュアップ講座】、社員研修などを開催。著書は13万部突破の『しぐさのマナーとコツ』(学研)など多数。

http://www.c-roses.co.jp/

「暮らし」⼀覧へ戻る