別窓アイコン 矢印 矢印02

自宅で簡単ヨガ おなかを圧迫して、便秘をスッキリ解消

健康・美容

おなかが張って苦しい、肌が荒れる……など、便秘って憂鬱ですよね。便秘解消には、腸内環境を整え、腸の働きを活発にする食生活が大切ですが、適度な運動で腸を刺激してあげるとさらに効果的!なかでも、寝たままの姿勢で行う「ガス抜きのポーズ」は、ほど良くおなかを圧迫し、直接、腸に刺激を与えることができるので、頑固な便秘にも有効です。体の緊張をほぐし、腹式呼吸とセットで、腸の働きを回復させましょう。


ガス抜きのポーズ

ポーズの効果
便秘や膨満感の解消、脚のむくみや冷えの改善、自律神経の調整(リラックス)など

01 仰向けに寝て、両足を軽くそろえます。


02 息を吸いながら片方のひざを胸の方へ引き寄せたら、大きく息を吐きながら太ももをおなかに押し付けます。


このままの状態で、大きく息を吸ったり、吐いたり……。このとき、(息を吸いながら)おなかを大きく膨らませたり、(息を吐きながら)おなかをヘコませたりしながら、腹式呼吸するのがポイント。最後に息を吐きながらひざをゆっくり戻したら、ひざを持ち替えて、同じように行います。

ヒント

胸に引き寄せたひざを(息を吐きながら)大きく外側に開いて腹式呼吸すると、より効果的に内蔵の筋肉をマッサージすることができます。

ひざを抱え込んだ腕は、反対側の手と握手。ももをおなかに押しつけたり、緩めたりするときに両腕でサポートすると、ラクに行えます。

「健康・美容」⼀覧へ戻る