別窓アイコン 矢印 矢印02

誰にも聞けなかったマナー講座 ナプキンのスマートな使い方

暮らし

フランス料理のレストランなどで食事をするとき、テーブルにナプキンが置かれていることがありますね。
正しい使い方を覚えて、スマートに食事を楽しみましょう。

ナプキンって何のためにあるの?

ナプキンは、食事中、口や手を拭くために使います。
「真っ白のナプキンを汚したら悪いかな…」と思うかもしれませんが、ナプキンは汚してもよいのです。ナプキンを使わず、ティッシュなどを取り出す人を見かけますが、これはマナー違反です。
また、食事中にナプキンを床に落としてしまったら、自分で拾うのではなく、スタッフを呼んで拾ってもらいましょう。

いつ膝にかければよい?折り目はどちら側?

注文をした後、または飲み物を注いでもらった後に、ナプキンをゆっくり手にとり、二つ折りにして膝にかけましょう。このとき、折り目は自分側です。
結婚式やパーティーの場合は、乾杯が終わったらナプキンをとりましょう。また、主賓、上司などの目上の人がいる場合は、その人がナプキンをとってから、自分もとるようにしましょう。

折り目は自分側へ

正しい口の拭き方は?

ナプキンの端を持ち上げ、中面で口元を拭います。拭き終ったらナプキンを元のように閉じて、汚れが見えないようにします。
手を拭く場合も同様に、ナプキンの中面で汚れを拭きます。自分のハンカチは使いません。

ナプキンの中面で汚れを拭く

途中で席を立つときは?

食事中(料理が目の前にあるとき)に席を立つのはマナー違反とされています。
やむを得ず途中で席を立つ場合は、デザートの前など料理と料理の間にし、ナプキンは軽くたたんで椅子の上に置きましょう。テーブルに置いたりしてはいけません。

帰り際、ナプキンはどうすればよい?

食べ終わって席を立つときは、ナプキンを簡単にたたんでテーブルに置きましょう。きっちりたたむと「サービスや料理に満足できなかった」の意味になるので要注意。ぐしゃぐしゃにして置くのもNGです。

NGの例

Adviser

井垣 利英さん

(株)シェリロゼ代表取締役、人材教育家、マナーコーチ。プラス思考、話し方、マナー、メイクなど自分磨き【ブラッシュアップ講座】、社員研修などを開催。著書は13万部突破の『しぐさのマナーとコツ』(学研)など多数。

http://www.c-roses.co.jp/

「暮らし」⼀覧へ戻る