別窓アイコン 矢印 矢印02

0から始めるピラティスレッスンLesson7:KneeStirring(ニーステアリング)

健康・美容

レッスンの効果

お腹周りや太もものはりが気になっている方に効果的
脚のラインをきれいにしたい方にもオススメです

今回ご紹介するニーステアリングという動きは、股関節をかき回すような動きです。凝り固まった股関節周りの筋肉をゆっくりとほぐして、可動域を広げましょう。お腹周りや太もものはりに効果的です。 骨盤と股関節が癒着すると、下腹にお肉が付きやすくなります。また、太ももの筋肉ばかりが使いやすくなってしまい、脚のラインがきれいにならない、なんてことも。そんな時は骨盤と股関節が癒着しているのかもしれません。股関節を優しく動かし、ゆっくりと癒着を引き剥がすイメージで行ってみましょう。

始めるときの基本姿勢

  • 仰向けになり、ひざを立てる
  • 両脚のひざと甲の間をそれぞれこぶし1個分あける
  • 足の指先がまっすぐ前を向くようにする
  • お尻とかかとの距離は、足のサイズ1.5倍ほどになるようにあけて保つ
  • 手は身体に沿うように置き、手のひらが天井を向くようにしてリラックス

Point

頭から背骨をまっすぐに、骨盤と床が平行になるようにします。アゴを引きすぎないことと、肩が上がらないよう注意しましょう。


01 基本姿勢をとる
骨盤を床と平行にし、ニュートラルポジションの姿勢を取る


02 手を30度ほど開いて床へ置く

Point

土台となる体の軸がとても大切なワークです。
背骨が体の真ん中にくるようにしましょう。


03 左脚の股関節から脚を持ち上げる

Point

膝が頭に近すぎると股関節が縮まってしまいます。
なるべく脚の付け根の真上に膝が来るように、
膝から下が床と平行になるように持ち上げましょう。


04 まずはひと呼吸、息を吸って、吐く息で土台となる身体を安定させる
ここからからだは動かさないようにする


05 息を吸って膝を自分の方へ少し近づけたら、吐く息でふーっと膝で小さな円を描くように膝を回す
吸う息で膝を引き寄せたら、反対回しも行う


06 呼吸に合わせて数回繰り返したら、ゆっくりと脚を下ろす


07 反対の脚も同様に行う
骨盤が動かないようにゆっくりと股関節から右足を持ち上げたら、そのまま吸う息で膝を少し自分に近づけて、吐く息で内側から外側へ向かってやさしく円を描くように膝を回す

Point

骨盤やそのほかの体の土台が動かないようにしましょう。
脚の付け根をかき回すように動かすのがポイントです。


08 数回繰り返したらゆっくりと脚を下ろす


股関節と骨盤の癒着を改善してスタイルUP!

股関節とは、太ももの骨と骨盤が接する部分にある球状の関節のことです。股関節が大きく動くことで、歩く・立つなどの日常の動きが可能になっています。これが運動不足などで硬くなり、骨盤と癒着してしまうと、姿勢が悪くなり、体の様々な箇所のコリや痛みの原因になります。それどころかむくみや、筋力の低下によって脂肪がついてしまうことも。

今回ご紹介したニーステアリングを行うことで、股関節がほぐれて正しい姿勢が取れるようになり、コリや痛みの改善だけではなく、気になるお腹やお尻、太ももが引き締まってスタイルアップの効果も期待できます。

監修

SHOKO(野宮唱⿎)ソウプラス(SOU+)恵⽐寿店⻑

ピラティスのインストラクターでありながら、ミスユニバースや様々なミスコンのウォーキング指導も担当。また現役モデル、⼥優、キャスターとしても、TV、雑誌など様々なメディアで活躍中。

  • ・BESJマットピラティスインストラクター
  • ・Stretch-eze®インストラクター
  • ・SilkSuspension™インストラクター
  • ・MasterStretch®インストラクター
  • ・Corebeansインストラクター

ソウプラス(SOU+)

「健康・美容」⼀覧へ戻る

キーワードKeywords

カテゴリーCategory

関連記事RELATED