ホーム  >  自宅で簡単ヨガ  >  お尻のコリをほぐして、腰まわりスッキリ

お尻のコリをほぐして、腰まわりスッキリ

針の穴のポーズ
ポーズの効果:
骨盤・股関節のゆがみ予防、お尻まわりのコリや坐骨神経痛、腰痛の解消など

骨盤がゆがむと、下半身に脂肪がつきやすくなります。
そこで今回は「針の穴のポーズ」で、骨盤や股関節のゆがみをリセット!シェイプアップ効果はもちろん、お尻まわりのコリや腰痛の解消にもおすすめ。立ちっぱなし、座りっぱなしの姿勢が続いたときに行うといいですね。

仰向けになり、両ひざを立ててスタート!
このとき、腰が浮かないようにするのがポイント。お腹を床に沈めるイメージで姿勢を整えます。

右足を持ち上げて、くるぶしの外側を左ひざの上に乗せましょう。余裕があれば、右足のつけ根を開くようにすると、より効果的。股関節まわりの筋肉がほぐれて、次の動作に移りやすくなります。

鼻から息を吸いながら、左足を持ち上げます。

両足の間から右腕を通し、両手で左ひざを抱えたら、息を吐きながら胸のほうへ引き寄せます。難しい場合は、両手を太ももの裏に添えましょう。そのまま腹式呼吸で1分ほどキープ。息を吐きながら手足をほどいて元の姿勢に戻り、反対側も同様に。毎日2~3セット行います。

ヒント

ひざを引き寄せるとき、お尻が床から離れたり、背中が丸まってしまうと効果がありません。ひざを引き寄せる前に、あごを引き、首の裏、背中、お尻をピッタリ床につけて、土台を安定させるのがポイント。
そこから、お尻や太ももの筋肉を伸ばすようにすると、血行が良くなり引き締め効果がアップします。

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。

PCサイトに切り替え

スマホサイトに切り替え