ホーム  >  特集  >  夏のカラダとココロを癒やす おいしい水(涼感たっぷり湧水スポットプラス7)

夏のカラダとココロを癒やす おいしい水

涼感たっぷり湧水スポットプラス7

HOUSING NEWS 第23号では、湧水スポットを巡る写真家・南正時さんが厳選した全国5つの湧水スポットをご紹介しましたが、webではさらに7つの湧水スポットをご紹介します。暑さ厳しいこの季節、涼を求めて訪ねてみませんか?

写真・取材
南 正時さん
鉄道写真家、旅行作家。鉄道の旅のつれづれに、日本の自然湧水を探訪。これまでに訪れた湧水は1200カ所以上。『水の達人厳選 名水・湧水散歩』(自由国民社)など、水関係の著書も多数ある。
1:沖縄県国頭郡金武町 金武大川(るび:うっかがー)Tel:098-968-2102(並里区事務所)

鍾乳洞からの湧水が流れる、並里地区の共同井泉。1日の1000t以上もの湧水量を誇り、干ばつ時も枯れることがなかったことから「長命の泉」と呼ばれています。

2:北海道虻田郡京極町 羊蹄のふきだし湧水Tel:0136-42-2111(京極町役場企画振興課)

「蝦夷富士」と呼ばれる美しい姿で知られる羊蹄山の湧水。雪解け水が土に染み込み、80年の時を経て噴出したもので、ミネラル分を豊富に含みます。

3:長野県松本市 源智(るび:げんち)の井戸Tel:0263-34-3295(松本観光コンベンション協会)

松本市街には至るところに湧水があり、住民は今でも生活用水に使用しています。中でも、源智の井戸は、江戸時代に「当国第一」と称された名水です。

4:静岡県富士宮市 猪之頭湧水群Tel: 0544-27-5240(富士宮市観光協会)

富士山の麓にある富士宮市猪之頭地区は、観光用に開発されていない、手付かずの自然が残る隠れた名水スポット。溶岩の隙間からの湧水が至る所で見られます。

5:京都府京都市 染井の水Tel:075-211-0885(梨木神社)

盆地の下に水盆という大きな水溜りがあり、地下水に恵まれた京都には、今でも井戸が数多く残ります。「染井の水」は、平安時代に宮中御用の染所の水であっただろうと言われる由緒ある井戸水です。

6:島根県仁多郡奥出雲町 延命水Tel:0854-54-2260(奥出雲観光協会)

源泉はJR出雲坂根駅構内にあり、トロッコ列車に乗って水を汲みに来る観光客が絶えません。この辺りに住む寿命100年の古狸が好んで飲んだという伝説から「延命の水」と呼ばれています。

7:熊本県阿蘇郡南阿蘇村 白川水源Tel:0967-62-0318(白川水源事務所)

阿蘇カルデラには20ヵ所ほどの湧水スポットがあり、ローカル線・南阿蘇鉄道に乗って水巡りが楽しめます。代表的なスポットが「白川水源」で、名水百選にも選ばれています。

ミネラルウォーターの基礎知識 詳しい情報はコチラ

ダイエットに役立つ水の飲み方 詳しい情報はコチラ

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。