ホーム  >  アスリートが教える☆健康美ボディのつくり方  >  レッスン18 不整地を走る

レッスン18 不整地を走る

ランニングフォーム今回は「不整地を走る」です。これまでお伝えしてきた正しい姿勢やランニングフォームを踏まえたうえで不整地を走ることにより、より高いトレーニング効果を得ることができます。いつも舗装された歩道などを走っている方は、こうしたトレーニングを取り入れてみるのも面白いかもしれません。
特にこれからの季節は水分補給や紫外線にも注意しながら、楽しく、安全にランニングに取り組んでみてください。

不整地を走る

芝生や不整地など、起伏のあるコースを走ることで、負荷のバリエーションをコントロールした有酸素トレーニングを行うことができます。こうしたランニングは脚筋力や心肺機能を高め、脂肪燃焼にもつながります。走力に余裕があれば、スピードに変化をつけて、さらに負荷をかけてみましょう。

  • 自然の起伏に合わせて、上りは大股にならずピッチで走る
  • 上りでは腕を大きく振る力を利用して勢いをつける。
    肘の角度を広げ、振り子のように腕を下から振り上げる力を推進力につなげる
  • 自然の起伏に合わせて、下りではリラックスして走る
  • 腕は肘を軽く曲げ、足のリズムに合わせて速く振る
  • 平地では肩をリラックスさせ走る
  • 正しい姿勢で走る

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。