ホーム  >  今日からできる!「からだメンテナンス」  >  第2回 ヒップアップのコツ

第2回 ヒップアップのコツ

男女問わずキュッと上がったヒップは、プロポーションをより良く若々しく見せてくれます。ただヒップアップのトレーニングは何だか難しそう。そこで、「扁平尻」の原因から、ご自宅にあるものを使って簡単にできるヒップアップのコツをお教えします!

監修:桜田雄士さん Laluz鍼灸院 院長。東京医療専門学校呉竹学園卒業。はり師・きゅう師免許取得し、東京・渋谷にて開業。鍼灸師として東洋医学はもちろん、西洋医学にも精通。生化学的な見地からの治療方針は、簡潔にして明瞭。現在は、ファッションショーで活躍する海外ショーモデルにも多くの顧客を持ち、美しい体づくりには定評がある。

美尻を作るにはどうすればいいの?

ぺったんこの「扁平尻」には、こんな原因が!

平たくてメリハリのないぺったんこなお尻「扁平尻」。その原因は運動しないことだけではなく、実は生活習慣にもあります。長時間のデスクワークや、普段イスに座る際、背中も腰も丸まった姿勢で座っているとしたら要注意です。そうした姿勢が長時間続くと骨盤が後傾してしまい、腰の反り返りがなくなってしまいます。そのことが原因で、背中からお尻まで起伏のない「扁平尻」になってしまうのです。

また背中が丸まった姿勢は、筋肉を使っていないように見えますが、姿勢を維持するために背中、お尻、ももの筋肉を常に使っている状態です。筋肉にとって、長時間同じ姿勢をとることが一番大変です。長時間イスに座ったあと、腰が痛くなるのは、実はスポーツ選手が運動で筋肉を疲労させるのと同じメカニズムなので、筋肉を休ませることが一番大切なのです。

骨盤を正しい位置に戻して、自然な力でヒップアップ

枕を使って、やさしく「ほぐす」

同じ姿勢を取り続けることで凝り固まった背中・肩・ももの筋肉をほぐして、骨盤の位置を元に戻してあげましょう!

背中と肩の筋肉をほぐすには、ベッドに仰向けになり、肩甲骨の下に枕やタオルなどの柔らかくて厚みのないものを入れて5〜10分ほどキープします。これを背中から腰へと少しずつずらしていきます。

一見すると、マッサージのように見えませんが、筋肉をリラックスさせてほぐすには、枕を腰の下に入れたまま寝入ってしまうぐらいの弱い刺激であることが大切です。こんなに簡単な方法で、十分マッサージ効果を得ることができます。

ももの筋肉についてはベッドなどの柔らかいものの上で、正座をするだけ。

後傾した骨盤を元に戻してあげることで、自然と腰には本来の反りが出てきます。それとともに、お尻の位置もアップしてきます。

「ストレッチポール」は、逆効果!?

枕の代わりにストレッチポールなど硬いものを使った方が、筋肉がより伸びて効果的では?と思いがちですが、実は逆効果です。ストレッチポールの上で仰向けになると、どうしても床との間に隙間ができます。隙間があると、その周辺の筋肉はその状態をキープしようと筋肉を緊張させることになり、ほぐれるどころか筋肉を使うことになってしまうのです。

ページの先頭へ▲


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。